いつでも、笑顔でパンが食べたい。

自宅で パン教室「Pain de f」 をしています。
TOPこども ≫ 成長の過程 

成長の過程 

       

       数日前に子供がピアノコンサートに参加した。 初めて参加するのでどんなもの
       か親子共々知らずにいたのだが、始まってみるとみな凄腕の参加者達ばかり。
       正直 『 場違い 』 に思えて仕方なかった。 後日、レッスン指導をしてくださ
       る先生に気持ちを伝えると 『 コンサートに参加し、経験してもらいたかった 』
       とのこと。 先生は 「 口で説明するのではなくて、参加してみて体で感じて、
       気持ちの持ち方を新たにしてもらえたらいいのだ 」 とのことだった。 言われて
       みれば確かに子供はそれ以来ピアノに向かう時は今までよりは真剣に向き合っ
       ているようにみえる。 心の中まではわからないがそこに何かを感じたのだろう。
       この気持ち、持続してくれることだけを願う。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
             ↓↓↓
          にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
           にほんブログ村
          にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
           にほんブログ村

       思うままに出来ることを頑張ってみなさい、我が子供!!
       私もよい勉強になりました。
      
スポンサーサイト

Comment

かな さま
編集
そうですよね、大勢の人前で演奏するんだからド緊張でしょうね。
私もそう思います。
子供には言えてるものの、自分が同じようにできるかと言えば・・・
あはは、聞かないでね(^_^;)

> 案外、ピアノの前に座っちゃえば鍵盤しか見えないので・・・
そうかもね、集中したら結局鍵盤しか見えなくなるものかも。
うちの子供も、弾く前は緊張するけど弾いてる時は何も感じてない
らしいです。
2012年12月01日(Sat) 17:44
編集
日頃やってることをそのままできなかったらどうしよう、の緊張より「どうしよう、人がいっぱい座っていてこっち見てる!」(笑)の緊張の方かな。。
発表会なのだから当たり前なのですが、普段、先生と自分、母の3人しか聞いていないものをこんなたくさんの人の前で引くの!?って。
練習は指が覚えているので大丈夫だけど心の準備ができていないというか(笑)・・・案外、ピアノの前に座っちゃえば鍵盤しか見えないので安心でしたけど。。
2012年12月01日(Sat) 16:07
かな さま
編集
かなさん、コメントありがとう!!
こういう風に感じるのねぇ~なんて思いながら読ませていただきましたよ^^

> 神経が図太くなるというか・・・(笑) もっと上を目指したくなります。
  ↑  親としてはこうなってもらいたいんだよねぇ。
緊張はするだろうけど、日頃やることやってたら自信ついて変な緊張は持たなく
なるんじゃないだろうかと思うんだけど、間違ってるやろか???
でもそのくらい当日迎えるまでは頑張って練習してもらいたいものよ。
ま、私が努力する訳ではないから本人次第なんだけどね(^_^;)
2012年11月30日(Fri) 15:43
編集
ワタシも4歳から19歳までピアノを習っていたのですが、コンサートって舞台に立つと変な緊張が襲う。
だけど、そのドキドキはいつしか自信にもなってる気がします。
神経が図太くなるというか・・・(笑)
もっと上を目指したくなります。
2012年11月29日(Thu) 20:29












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31