いつでも、笑顔でパンが食べたい。

自宅で パン教室「Pain de f」 をしています。

SCONE LUNCH

       子供のお弁当づくりはほぼ毎日。

       明日はどうしようかな・・・そんなことを考えていると、

                『 SCONEをお弁当に持っていきたい 』

       

       と子供から提案されるも、付け合わせるものをさてどうしましょうかという具合。

       苦肉の策で、具だくさんたっぷりのサラダを作って持たせることに。

       子供の反応はいかがなものか。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
          ↓↓↓
       にほんブログ村 料理ブログへ
       にほんブログ村
       にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
       にほんブログ村

       こんなお弁当ありか、なしか。       

パンの香り漂う・・・

       バターたっぷりのフィリングをパンの上にのせて焼成する。

       これがなんとも良い香り。

       

       お腹が空いていなくても、ちょっぴりお腹が空いてきた気がする不思議なパンな

       のである。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
          ↓↓↓
       にほんブログ村 料理ブログへ
       にほんブログ村
       にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
       にほんブログ村

       生地とフィリングの相性バッチリ♪

パンを焼いておく理由

       朝時間は慌ただしく、いくら時間があっても足りないほど。

       朝ごはんと同時にお弁当を作り、そして洗濯、その他諸々の家事を片付けていく。

       

       そんななか 『今日の朝ごはん何?』 と起きてきた家族に聞かれ、返答に困ら
       ないのがパンだ。

       前日に焼いておけば、翌日の朝は少しだけ楽ができる。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
          ↓↓↓
       にほんブログ村 料理ブログへ
       にほんブログ村
       にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
       にほんブログ村

       ガンバレ 私!       

パンを器に・・・

       パンがあると食べ方を色々考えてみます。

       こうすればいいかなぁ・・・  こんなことやってみたらどうだろう・・・
       ひらめきを当てにして試してみます。

       

       さあ、次はどんな風にしてみようかな。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
          ↓↓↓
       にほんブログ村 料理ブログへ
       にほんブログ村
       にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
       にほんブログ村

       パンも次々焼かなくちゃ!

あと入れイチゴで・・・

       家族のお土産にと上品な和菓子屋さんで羽二重餅を買ってきたので食べてもらい
       感想を聞いたところ、

       『上等な羽二重餅なのはわかるんだけど、ママが作る苺大福の方がずっと好き』
       と、口を揃えて言われてしまいました。

       

       有難いことなのですが、私とすれば羽二重餅の方がずっと上品でよい味だと・・・
       思っていましたがこればかりは食べる人それぞれの捉え方ですよね。

       家族からの嬉しいコメントが嬉しくて、翌日苺大福を作っちゃいました♪

       いつもなら餡で苺を包んでから求肥で再度包むのですが、今回は苺を後入れです。


       応援ポイントを励みにブログアップにつとめます。
       よければポチッとお願いします♪
          ↓↓↓
       にほんブログ村 料理ブログへ
       にほんブログ村
       にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ
       にほんブログ村

       いつもお世話になっている子供の友達家族にもお裾分けさせていただきました♪
03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31